日帰り大腸ポリープ切除

大腸ポリープ

大腸ポリープ大腸ポリープとは、大腸の粘膜にできる隆起性病変の総称です。腫瘍性と非腫瘍性に分類されます。腫瘍性は成長すると大腸がんへと進行します。非腫瘍性のポリープも、成長して一定の大きさに到達すると腫瘍化してしまう可能性があります。そのため、腫瘍性と非腫瘍性、ともに発見した場合は切除します。
大腸ポリープは大腸内視鏡検査時に発見し、その場で切除可能です。
定期的に大腸内視鏡で検査を行い、ポリープを発見し次第切除していくことで大腸がん予防につながります。今まではポリープの切除は入院して行うことが一般的でしたが内視鏡の技術向上や出血予防の処置が進歩したことで日帰り手術で安全に行うことが可能となりました。

日帰り大腸ポリープ切除について

大腸内視鏡検査で見つかったポリープは前がん病変でもあるため切除することで、大腸がん予防になります。内視鏡検査時に切除することが可能です。検査は10分~20分程度で、ポリープ切除を行った場合は30分~40分程度です。ポリープ切除を行った場合は、ご帰宅後、入浴や刺激の強い香辛料の摂取やアルコールを控えて頂くなどの制限を守っていただくことで、合併症や出血を防ぐことができます。
大きなポリープの切除や内視鏡的粘膜切除(EMR)の場合は1週間程度の制限が必要な場合があります。ご帰宅後は、安静にしていただき異変があればすぐにご連絡ください。

大腸内視鏡治療法とは

ポリペクトミー

ポリペクトミー

隆起したポリープの切除に用いる方法です。ポリープの茎部分にスネアと呼ばれる針金をかけて、ポリープを縛って電流を流します。採取した組織は回収し、病理検査にかけてポリープ中にがん細胞が含まれていないか確認します。

切除後の注意点

ポリープの切除後は、合併症や出血を抑えるためにいくつかの制限を設けています。
大きなポリープや早期大腸がんを焼き切った場合は1週間ほどの制限を設ける場合もあります。検査終了時に、詳しくご説明いたします。

入浴 当日は、シャワーのみにしましょう。翌日より入浴可能となります。
食事 当日は油や刺激の強い香辛料の食事は避けてください。
飲酒 アルコールは医師が指定した期間は、控えるようにしましょう。
運動 激しい運動や、腹圧がかかる運動は避けてください。
旅行・出張 飛行機は気圧の変化が出血のリスクを高めます。旅行や出張が控えている方は、検査日を調整する必要があります。

検査終了後はご自宅にて安静にしていただきます。

自動受付・順番取り 求人募集 一番上に戻る