埼玉県戸田市戸田公園駅近く。産婦人科・婦人科・内科・消化器科・禁煙外来

溶連菌


おねつがでたよう・・ のどがいたいよ・・
ようれいきん の おはなし


ようれいきんって なあに?
溶連菌
溶連菌感染症の代表的な症状です。
発熱
突然38℃以上の高熱を出すことが多い。(37℃台の微熱のこともあります。)
のどの痛み
咽頭炎や扁桃炎をおこし、のどの痛みが強いことがあります。
イチゴ舌
舌がイチゴのように赤く、ブツブツ状になることがあります。
リンパ腺の腫れ
くびのリンパ腺が腫れることがあります。
発疹
体や手足、口の中に小さくて赤い発疹が出ることがあります。
溶連菌
抗生物質による治療が大切です。
溶連菌感染症は、ウイルスが原因でおこる“かぜ”とは異なります。
溶連菌による細菌感染のため、抗生物質による薬物治療が大変重要となります。
おくすりは ぜんぶ のもうね!
感染症が再発したり、続発症(合併症)をおこすことがあります。
溶連菌感染症では、発熱やのどの痛みなどの症状は、抗生物質を服用すると2~3日でよくなります。しかし、症状がよくなったからといって、抗生物質の服用を途中でやめてしまうと再発することがあり、心臓に障害をおこすリウマチ熱急性糸球体腎炎などの続発症をおこす危険があります。
抗生物質は、処方された期間をきちんと服用させてください。
続発症をおこしていないかどうか調べてもらうために、先生と相談してもう一度診察をうけることをお勧めします。
びょうきが なおったら あそぼうね!
兄弟や、幼稚園・保育園・学校のお友達からうつることがあります。
溶連菌感染症は、患者さんからの飛沫(咳、くしゃみなど)でうつります。
特に兄弟間での感染率は高いので、同じような症状が現れたら、診察を受けましょう。また幼稚園や保育園、学校での集団感染もみられます。
いつ頃、通園、通学をはじめたら良いか先生にお聞きしましょう。
こんな時は、先生に相談しましょう
■お薬をきちんと飲んでも38℃以上の熱が続くような時
■お薬をきちんと飲んでも、のどの痛みが続く時
■下痢が続いて元気がない時
お薬を飲んでる間に、下痢をおこすことがあります。下痢をしたら水分を多くとるようにしてください。下痢の回数が多く、お子さまの元気がない時は、先生に相談しましょう。
■2~3週間後くらいに、むくみが出たり、元気がない時
溶連菌感染症にかかってから2~3週間後くらいにむくみが出たり、元気がない時があります。急性糸球体腎炎などの続発症の心配がありますので先生に相談しましょう。
こんな時は、どうしましょう。。。
■のどが痛くて食べ物が食べられない。。。
のどが痛くて食べ物が食べられない時は、ヨーグルトやゼリー、アイスクリームなど、のどごしのよいものや、スープ、おかゆなどの消化のよいものを食べさせてください。
■手足の皮がポロポロむけてきた。。。
溶連菌感染症が治りかけてくると、手や足など全身の皮がポロポロとむけてくることがありますが、心配はいりません。
おくすり のんで げんきに なったよ。

提供:大正富山医薬品株式会社リーフレット
桜公園クリニック
〒335-0026 埼玉県戸田市新曽南3-12-18
TEL:048-446-3950
Copyright(C)桜公園クリニック. All Rights Reserved.