逆流性食道炎

逆流性食道炎とは

胃酸や胃の内容物が胃から食道へ逆流する「胃食道逆流症」の中で、胃酸などが食道の粘膜を傷つけ炎症を起こす状態を「逆流性食道炎」と呼びます。
最も多い症状として、胸やけやゲップ、呑酸、胸の痛み(胸痛)、つかえた感じ、喉の奥の異物感などがあげられます。もともと逆流性食道炎は、欧米人に多かった疾患で食生活の欧米化に伴い近年、日本でも症状を訴える患者様が増加傾向にあります。
逆流性食道炎は、バレット食道や食道がんなどの合併症を引き起こす可能性があるため、症状に気づいたら放置せずに早めに専門医を受診しましょう。

逆流性食道炎の原因

逆流を阻止する仕組みが低下する

胃と食道の間にある噴門部には、下部食道括約筋があります。この括約筋が食べ物が入るとき以外は食道を閉じて胃液の逆流を防ぐ役割を担っています。下部食道括約筋の機能が低下することで胃酸や胃液の逆流が起こります。これには食道裂孔ヘルニアが関係しているとされています。

食道裂孔ヘルニアとは

食道裂孔ヘルニアとは

食道裂孔とは食道を通すため横隔膜に開いている孔で、下部食道括約筋は本来この位置にあり、逆流防止の弁の役割を果たしています。しかし、胃が上の方へはみ出す(ヘルニア)と下部食道括約筋が弛緩し、胃の内容物が食道に逆流しやすくなります(右下の図)。ヘルニアは肥満や加齢などが原因といわれています。

 

蠕動運動の機能低下

口から入った食物が食道から胃へと運ばれる際に、胃酸の逆流が起こっても蠕動運動の働きが正常な場合は、胃酸を素早く胃へ戻すことができますが、この機能が低下してしまうと、胃酸が食道にとどまり、炎症を引き起こしやすくなります。

加齢や肥満

加齢とともに、下部食道括約筋の機能も衰えてきます。消化器の蠕動運動も機能低下してきます。このため、逆流性食道炎を発症しやすくなります。
また、肥満の場合も食道裂孔ヘルニアを発症しやすいため、食道裂孔ヘルニアが原因の逆流性食道炎のリスクが高まります。

姿勢や腹圧

胃が圧迫されると胃酸が逆流しやすくなります。圧迫を防ぐためには衣服やベルトで過度な締め付けは控えましょう。
前かがみや猫背など、姿勢が悪いと腹圧が上がり逆流が起こりやすいため注意が必要です。

お薬の副作用

喘息や心臓の病気、血圧のお薬などは、下部食道括約筋の機能を緩める副作用が出る場合があります。お薬を服用していて、逆流性食道炎の症状がある方は、お薬をお持ちいただくかお薬手帳をご持参いただき医院へお越しください。
ピロリ菌除菌の治療で逆流性食道炎が引き起こされているケースもあります。これは、除菌により胃酸分泌が正常に戻っていることが関係しています。治療終了とともに、症状は自然と改善されます。

検査と治療

検査

検査

逆流性食道炎の検査には、バリウムを用いた造影検査と内視鏡で粘膜を直接観察する内視鏡検査があります。このうち、逆流性食道炎の確定診断には内視鏡検査が必須です。
内視鏡検査は、食道裂孔ヘルニアや炎症の状態まで細かく観察し適切な治療を行うことが可能です。

 

治療法

治療には、食生活の改善と薬物療法になります。大半の症状は、これにより改善が見込めます。治療を始めるのが遅くなり、食道が狭窄しているケースは、バルーンを用いた内視鏡操作で狭窄を拡張する治療法を用いることがあります。
症状が改善されない場合には、手術が必要になることもあります。
医師から処方されたお薬は、必ず用法・容量を守り正しく服用しましょう。症状がなくなっても服用を中止すると薬によって保たれていた胃や食道のバランスが崩れて、再発を引き起こします。必ずお薬を飲み切りましょう。

治療薬 作用
PPI 胃酸分泌の働き(プロトポンプ)を抑える作用があり治療と再発防止に効果があります。
H2ブロッカー 胃酸を分泌させるヒスタミンH2受容体の働きを阻害し胃酸の分泌を抑えます。市販薬でもありますが、医師の処方では有効成分や含有量が異なります。
消化管運動機能改善剤 消化管機能と蠕動運動を改善して食物の消化を助けます。
制酸薬 胃酸を中和させて炎症を軽減します。
粘膜保護薬 食道粘膜を保護して、炎症の改善を促進させます。
薬を服用する期間

薬を服用する期間

医師から処方された薬剤は、患者さんひとりひとりの病状にあわせて処方されています。指示された用法・容量を正しく守って服用して下さい。
服薬の時間は、食膳、食後・・などと定めてあり、薬剤が最も効果的に作用するような服薬の仕方が示されています。
胸やけなどのつらい症状がとれたとしても、治ったとは限りません。症状がなくなったからといって薬を止めると、薬で保たれていた胃や食道内のバランスが崩れて再発するおそれもありますので再発を防止するために維持療法を行う必要があります。維持療法には、引き続き胃酸分泌抑制薬が使われます。
また、定期的に医療機関を受診して、医師の診断を受けて再発防止につとめましょう!

 

予防法

逆流性食道炎は、治療後に再発しやすい疾患です。
薬物療法とともに生活習慣の見直しを行い、逆流性食道炎の再発防止や予防に努めましょう。

1.もっと食事に気を配りましょう

脂肪分や刺激物に注意

脂肪分の多いものは消化に時間がかかり、それだけ胃酸が多く分泌されます。また香辛料やコーヒーなどの刺激物は食道や胃粘膜を刺激するためできるだけ避けましょう。

食事は規則正しく適量を

食事を抜くと胃腸の運動に変化が起こり、胃酸の刺激を受けやすくなったり、胃酸が出過ぎたりします。また、大食いや早食いをしないことも大切です。

就寝3時間以内の食事は控えましょう

食後2~3時間は胃酸が活発に分泌されるため、すぐに横になると食物が胃の中に長時間留まって、逆流しやすくなります。

2.肥満・便秘の解消につとめましょう

肥満や便秘、また長時間屈んだ姿勢での作業、ガードル、コルセット、帯などによる胸部や腹部の圧迫は腹圧を上昇させ、下部食道括約筋の弛緩を促します。

3.喫煙はしない

喫煙は消化管粘膜の防御因子の低下や血行障害、下部食道括約筋の弛緩などを促します。また、がんなどの誘発因子ともなります。

4.過度の飲酒はしない

アルコールは下部食道括約筋を弛緩させ、炎症の起きた食道粘膜を刺激して症状が悪化します。

5.睡眠の姿勢も大切

睡眠中に症状の強くなる人は、寝る時に上体を少し高くして休むと逆流防止に良いことがあります。

6.ストレスの解消

休養や運動を含め、ゆとりあるライフスタイルを心がけることも再発防止には重要です。

7.忘れずに守りましょう!

胸やけなどのつらい症状がとれたからといって安心せずに、定期的に医療機関を受診して、医師の診断を受け再発防止につとめましょう!

自動受付・順番取り 求人募集 一番上に戻る