埼玉県戸田市戸田公園駅近く。産婦人科・婦人科・内科・消化器科・禁煙外来

子宮内膜症

子宮内膜症に伴う月経困難症の治療薬(ルナベル錠)取扱っております
2008年7月8日より低用量ピルのオーソMが名称を『ルナベル』として子宮内膜症に伴う月経困難症(生理痛)治療の患者様は保険が適用されるようになりました。
当院ではルナベル錠を取扱っております。
ルナベル錠
子宮内膜症とはどんな病気?
子宮内膜症とは、子宮内膜またはそれに類似する組織が何らかの原因で、本来あるべき子宮内側以外の場所で発生し発育する疾患です。
この組織は女性ホルモンの影響で周期的に増殖し、月経時の血液が排出されずプールされたり、周囲の組織と癒着をおこし、さまざまな痛みをもたらします。また、不妊の原因のひとつとも考えられています。
起こるところは?
子宮内膜症が最も発生しやすい場所は「卵巣」ですが、「ダグラス窩(子宮と直腸の間のくぼみ)」、「仙骨子宮靭帯(子宮を支える靭帯)」や「膀胱子宮窩(子宮と膀胱のくぼみ)」などにも発症することがあります。
子宮内膜症の発生場所
症状は?
代表的なものは月経痛で子宮内膜症の患者さんの約9割に見られます。この他、月経時以外にも腰痛や下腹痛、排便痛、性交痛などが見られます。子宮内膜症は卵巣機能が活発な20~30歳代の女性に多く発症し、閉経による女性ホルモン分泌を境にこうした症状はおさまります。
放っておくと?
不妊女性の多くに子宮内膜症が認められるといわれているように、不妊と子宮内膜症には何らかの因果関係があると考えられています。
将来妊娠することを可能にするためにも、最適な治療法を選択する必要があります。
子宮内膜症の治療法
薬物療法と手術療法、あるいはその併用療法があります。
治療法を考える際、症状や進行具合はもちろん、患者さんの年齢、妊娠を希望されるかどうかなどを総合的に判断し、最適な治療法が使い分けられます。
治療法
薬物療法
手術療法
ホルモン療法
対症療法
保存手術
根治手術


鎮痛剤などにより、
痛みを
取り除きます。
子宮や卵巣を温存し、病巣部のみを
切除します。
子宮、卵巣
または卵管を全て
切除します。
GnRHアゴニスト療法
女性ホルモンの分泌を抑え人工的に月経を止めた状態をつくることにより、病巣部は縮小し月経時の痛みや月経時以外の痛みなどの症状も改善します。
ダナゾール療法
男性ホルモン系のステロイドホルモンで、女性ホルモンの分泌を抑え人工的に月経を止めます。また、直接病巣に作用し小さくします。

桜公園クリニック
〒335-0026 埼玉県戸田市新曽南3-12-18
TEL:048-446-3950
Copyright(C)桜公園クリニック. All Rights Reserved.