埼玉県戸田市戸田公園駅近く。産婦人科・婦人科・内科・消化器科・禁煙外来

ニコチン依存症


ニコチン依存症かなとお困りの方、お気軽にご相談ください。

あなたがタバコを吸う理由は何ですか
あなたがタバコを吸う理由(メリット)は何ですか?
吸うと落ち着く、仕事に集中できる、ほっとするなど、様々な理由が挙がりそうです。反対に、あなたが禁煙したと仮定し、下表を使ってしの場合のデメリットとメリットを考えてみてください。今は禁煙するつもりはなくても、あなたの喫煙習慣を違う角度からみることができるでしょう。
禁煙のデメリットとメリット
タバコを吸うとスッキリするってホント?
タバコを吸ったときに、イライラや落ち着かない感じがスーッとおさまっていく感覚を、喫煙者なら誰でも味わったことがあるはずです。ストレスの多い社会で生活するには、イライラを解消できるタバコは欠かせないと考える方も多いでしょう。しかし、本当にそうなのでしょうか。実は、イライラは仕事や家庭などの社会生活だけが原因ではないのです。
タバコを吸い終わって1時間もしないうちに、血液中のニコチンが減り、イライラや落ち着かないなどのニコチン切れ症状(離脱症状、禁断症状)が現れます。仕事や家庭のストレスが原因と思っているイライラの正体は、タバコを吸っているが故に生じているニコチン切れ症状である可能性が高いのです。ストレスが原因でイライラするならば、一番リラックスしているはずの寝起きの時間にタバコを吸いたくなるはずがありません。
喫煙という行為は、喫煙自体が原因で生じたイライラを、次の1本を吸うことで解消しているだけといえます。つまり、喫煙の習慣から脱することができれば、イライラなどのニコチン切れ症状とは無縁の生活を送ることができるのです!  
ニコチン依存症
いつでもやめられると思って吸い始めたのに、いつの間にかタバコと離れられなくなってしまうのはなぜでしょう。禁煙に挑戦しても、つい吸ってしまうのはなぜでしょう。これは、タバコの煙に含まれるニコチンが、麻薬にも劣らない強い依存性をもつからです。
そのため、現在では、喫煙する習慣の本質は「ニコチン依存症」という、治療が必要な病気であるとされています。では、タバコを吸うという行為が、どのようにして「ニコチン依存症」に至るのでしょうか。
タバコを吸うと、ニコチンが数秒で脳に達し、快感を生じさせる物質(ドパミン)を放出させます。ドパミンが放出されると、喫煙者は快感を味わいます。同時に、またもう一度タバコを吸いたいという欲求が生じます。その結果、次の1本を吸って再び快感を得ても、さらに次の1本が欲しくなるという悪循環に陥ります。この状態がニコチン依存症(=喫煙の習慣)です。
風邪を意志の力で治せないのと同じように、病気であるニコチン依存症を意志の力だけで治すことは難しいのです。最近では、禁煙治療が健康保険等で受けられるようになるなど、ニコチン依存症を治すための環境が整いつつあります。禁煙しようと思ったら、気軽に医師に相談してみてはいかがでしょうか。   ニコチン依存症
ニコチン依存症チェック
下の表は、ニコチン依存症かどうかを判定するテストです。10項目の質問に「はい(1点)」または「いいえ(0点)」で答え、どちらでもない場合は0点とします。合計点が5点以上ならばニコチン依存症とされます。さっそくチェックしてみましょう!
ニコチン依存症チェックテスト
“軽いタバコ”のヒミツ
低タールや低ニコチンと表記された“軽いタバコ”のフィルター側面には空気穴が多く開いていて、煙が薄まるようになっています。しかし、実際に吸うときには唇でふさがってしまうほか、軽いタバコは、深く吸う、根元まで吸う、本数を増やすなどして調節してしまうため、体内に入るニコチンや有害物質の量は変わらないといわれています。
表記されているニコチン、タール量自体も、空気穴をふさがないようタバコを機械に挟み、吸殻が3cmになるまで1分間に2秒間だけ、1回につき35mL吸煙するという非現実的な状況での値から計算されています。
タバコの空気穴
まず「減煙」は余計つらい
健康のために、タバコの本数を減らす減煙から始める方は多いようです。しかし、減煙しても軽いタバコ(上)の場合と同様に吸い方を調節してしまうので、健康上のメリットは期待できません。また、タバコから余計に離れにくくなってしまいます。
目覚めて1本目のタバコを思い出してみてください。いつもよりおいしく感じませんか?
これは、睡眠中に喫煙できないためニコチン切れとなり、朝の1本目でニコチン切れが解消され、大きな満足感を得るためです。
これは減煙する場合でも同じです。吸う間隔が長くなると、イライラや落ち着かないなどのニコチン切れ症状はより強くなってしまいます。そして、次の1本で症状が解消されると非常においしく感じるため、本数を減らすつもりが、タバコから離れられなくなってしまうのです。スッパリと吸うのをやめることが、禁煙への近道です。
こんな病気もタバコと関係しています
タバコが身体に悪いことを知らずに吸っている人はほとんどいないでしょう。しかし、身体に悪いといっても、具体的にどんな病気と関係しているのかは、意外に知られていないようです。多くの人は、肺がんの他に病名を挙げられないのではないでしょうか。あなたはいかがですか?
実際には、タバコを吸っていると、動脈硬化が原因で起こる心臓の病気(虚血性心疾患)や脳卒中など、全身の様々な病気にかかりやすくなります。
タバコと病気
がんについても、肺だけではなく、喉頭がんや膀胱がん、子宮頸がんなど、喫煙は多くの部位におけるがんのリスクとなります。また、あまり知られていませんが、糖尿病やメタボリックシンドローム、胃潰瘍、不妊などのリスクが高くなるほか、手術後の経過に悪影響を及ぼすことも知られています。
禁煙がリスクを高める病気
こんなにある、禁煙のメリット
「長年吸ってきた肺は真っ黒だろうから、今さら禁煙しても無駄だ」など考えていませんか?そんなことはありません。禁煙は始めたら短期間のうちに効果を実感できる、楽しい作業ともいえます。例えば、肺の機能は禁煙を始めて2週間~3ヶ月で回復がみられます。咳や息切れも、1~9ヶ月で改善されます。また、継続すると様々な疾患のリスクが吸わない人に近づいていきます。禁煙に、遅すぎることはありません。
禁煙のメリット
禁煙すれば、健康面意外でも美容や金銭面、その他生活に関わる多くのメリットが得られることでしょう。
禁煙のメリット
あなたに合う禁煙方法を探しませんか?
あなたが、そろそろ禁煙しようかなと考え始めているなら、今がチャンスです。気軽に禁煙のスタートを切ってみませんか。
下のフローチャートを使って、ご自分に合った禁煙方法を探すことから始めてはいかがでしょう。
禁煙フローチャート
健康保険等で受けられる禁煙治療
2006年より禁煙治療に健康保険等が適用され、患者さんの負担も軽くなりました。禁煙治療を健康保険等で受けるには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認します。用件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることができます。
病院に行く前に、自分でチェックしてみましょう。
1. ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上
上記のニコチン依存症チェックテストでチェックしてみてください。
2. (1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上
例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります。
3. 1ヶ月以内の禁煙したいと思っている
4. 医師から受けた禁煙治療の説明に同意
説明内容に納得されたときは、文書で同意します(サイン等)。
標準的な禁煙治療のスケジュールでは、12週間にわたり合計5回の診察が行われます。
禁煙治療のスケジュール
各診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します、一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質ですが、禁煙を始めれば、この値は低下するので次回の測定が楽しみになることでしょう。また、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができるため、禁煙は成功しやしくなります。
禁煙の薬「飲む」「貼る」「かむ」
現在、禁煙のための薬には、「飲む」タイプ、「貼る」タイプ、「かむ」タイプの3種類があります。それぞれの特徴を知って、薬選びの参考にしてください(2008年4月現在)。
飲む薬


提供:ファイザー株式会社リーフレット
桜公園クリニック
〒335-0026 埼玉県戸田市新曽南3-12-18
TEL:048-446-3950
Copyright(C)桜公園クリニック. All Rights Reserved.