埼玉県戸田市戸田公園駅近く。産婦人科・婦人科・内科・消化器科・禁煙外来

痛風

当院では痛風の治療を行っておりますので、お気軽にご相談ください
痛風は「ぜいたく病」ではありません。
若い年代で発病する痛風が増えています。
痛風は、中高年の男性に多い「ぜいたく病」とされてきました。
現在でも痛風患者さんの99%は男性です。ただし最近の痛風は30代で発病する人がもっとも多く、若年化する傾向があります。
痛風患者さんは、活動的な性格で、仕事もするがよく遊び、よく食べよく飲むというようにエネルギーの出し入れの多い人に多い傾向がありますが、特に中年太りが痛風の発病の引き金として注目を集めています。痛風は少なくとも美食とアルコールが原因の「ぜいたく病」ではなく、これらを控えるだけでは治療として不十分な場合もあります。通風という病気をよくご理解の上、医師の指導のもとに正しい治療を行ってください。
 
足の関節炎は痛風の一症状に過ぎません。
痛風は足の指が腫れてひどく痛む病気として有名です。
しかし、この関節炎‐痛風発作‐は、痛風のいろんな症状の一部に過ぎません。
痛風は、からだの中に“尿素”という物質が異常にたまる、からだ全体の病気なのです。 尿素が体内に異常にたまっている状態が何年も続くと、尿素はからだの中に沈着し、害をおよぼします。
関節に沈着すると最初に述べたような痛風発作を起こしますが、もっと恐ろしいのは腎臓に沈着して起こる障害です。
痛風発作の痛みは相当なものですから、「痛みがなくなったから痛風が治った」と思っているうちに次第に内臓もむしばまれていく、これが痛風の怖さです。
正しく対処すれば、通風発作や他の症状は予防できます。
痛風発作も腎臓の障害も体内に尿素が多すぎることが原因ですから、これを正常範囲にコントロールし続ければ、発作も他の症状も予防できます。
しかし何度も痛風発作のあった人は、からだのなかに相当尿素がたまっているので、この沈着した尿素をとり除くには、食生活の注意だけではなく薬の力を借りなければいけません。つまり痛風治療は体内の尿酸量を正常範囲に維持し続けることですから、痛風発作の時だけでなく、ずっと続ける必要があるのです。
痛風は残念なことに治りにくい病気ですが、幸運なことに完全にコントロールできる病気です。
痛風発作は、関節にたまった尿素の結晶が起こす炎症です。
発作中の関節の中では、尿酸の結晶と白血球が格闘をしています。(写真1)関節は赤く腫れ上がり大変痛みます。場所は足の親指の関節に最も多く(写真2)、他には足首、アキレス腱の付け根、足の甲の部分などにも起こります。この発作症状は普通一週間前後で治りますが、一度にひとつの関節だけが痛むのが特徴です。
痛風発作は忘れたころのやってきます。
痛風は発作のないときには全く無症状ですが、発作は必ず再発します。再発までの期間は人によって様々で、一週間で再発することもあれば、5年たって再発する人もいます。
痛風発作は次第に重症になります。
痛風発作を繰り返しているうちに、発作の間隔が短くなり、腫れも強くなります。一度に二つ以上の関節に発作が出たり、足だけでなく、膝や手首の関節に発作が出るようになると、相当重症になっている証拠です。
痛風発作を繰り返しているうちに色々な症状がでてきます。
◎痛風結節
尿酸の塊が、耳介や足の指、肘の関節などにできます。ここまで症状が進むと重症です。
痛風結節
◎尿路結石
痛風患者さんは、一般の人より何倍も尿路結石がよくできます。無症状のこともありますが、時に背中が激しく痛み、血尿が出ます。
尿路結石
痛風発作を放置すると内蔵もおかされます。
◎腎結節
腎臓には尿素がたまりやすく、尿酸が一杯たまった腎臓はその機能を次第に失い、ついには腎不全になります。
尿素をコントロールする薬がなかった昔は、痛風患者さんの多くは腎不全で亡くなりました。
現在ではアロプリノールのような優れた薬があるので、きちんと治療を受ければ腎不全に至ることはないでしょう。
痛風患者さんは心筋梗塞、脳血管障害などの成人病にも注意しましょう。
痛風患者さんは、肥満、高血圧、高脂血症などを合併することが多く、動脈硬化がすすみやすい体質になっています。尿酸値をコントロールすると共にこれらの治療にも努めましょう。
尿酸は誰のからだのなかでも作られます。
尿酸はからだのなかのエネルギーの燃えかすであり、すべての人の体内でつくられる物質です。また食物中のプリン体という物質からもつくられますが、プリン体は日常の食物にはほとんど多く含まれていません。できた尿酸は、腎臓から尿の中に捨てられます。
尿酸値は血液検査で調べます。
尿酸は体内では血液に溶けているので、血液中の濃度(血清尿酸値)が体内の尿酸量の指標です。血清尿酸血がだいたい7mg/dlを超えると尿酸は血液に溶けにくくなり「高尿酸血症」と呼ばれます。つまり「高尿酸血症」は尿酸が結晶になって痛風になりやすい状態なのです。
血液検査
なお女性の血清尿酸値は男性より低い傾向にあり、閉経後には少し高くなります。
高尿酸血症はいくつもの要因が重なって起こります。
腎臓から尿酸を出す力が体質的に弱い、肥満、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足、ストレスなどの要因が重なると高尿酸血症になります。血液の病気、悪性腫瘍、腎臓病や利尿剤などの薬剤にも高尿酸血症の原因になります。
重症の高尿酸血症には注意が必要です。
高尿酸血症でも、血清尿酸値が7mg/dlに近い場合は一生痛風にならないですむことが多いのですが、血清尿酸値が高いほど短期間のうちに痛風になる危険性が大きいといえます。
したがって、痛風発作や症状がなくとも血清尿酸値が9mg/dlを超えるような大変高い場合やすでに腎臓に障害があれば薬を使った治療を必要とすることがあります。
痛風の治療は3段階あります。
第1段階 痛風発作を抑える対症療法
痛風発作時には、消炎鎮痛剤(インドメタシン、フェンブフェン、ナプロキセン、プラノプロフェンなど)が短期間のみ使われます。発作の起こり始めに、「これはくるぞ」というような前兆症状があれば、コルヒチン1錠が有効です。痛風が起こってから尿酸値を下げる薬を飲み始めると、痛風発作は逆にひどくなる場合があります。尿酸値を下げる薬は、発作がおさまってから使います。
第2段階 血清尿酸値を下げる原因療法
痛風発作が治ったから痛風が治ったわけではありません。
痛風発作の原因である尿酸値を低く抑えておかなければ痛風発作も繰り返し、様々な内臓障害がでてきます。
血清尿酸値を下げる薬には、からだのなかで尿酸をできにくくする薬(アロプリノール)と、尿の中へ尿酸を追い出しやすくする薬(ベンズブロマロン、プロベネシド)があります。この種の薬は発作の有無にかかわらず相当長時間、場合によっては一生のみ続ける必要があります。
どちらのおくすりが適当かは、あなたのからだの中の尿酸の動き、腎結石や高血圧などの合併症の有無などから総合的に決められます。
第3段階 合併症を予防する健康管理
痛風患者さんは、肥満、高血圧、高脂血症などを合併することが多く、動脈硬化がすすみやすい体質になっています。しかも血清尿酸値をしっかりコントロールしても、これらの合併症は防げません。体重制限を初めとするセルフケアや場合によっては、降圧剤、高脂血症治療剤などを使って、成人病の発病を予防しましょう。
尿酸を下げる薬の服用中に注意していただきたいこと
尿酸を下げる薬をのみ始めてしばらくは、逆に発作が起こることがあります。
これは、からだにたまった尿酸が少しずつ溶けるためです。治療を始めてから3ヶ月以内によく起こり、長く治療をしなかった人ほど起こりやすいようです。痛風治療ではどうしても通らなければならない関門なので、医師の指示をよく守り、治療をやめないようにしましょう。

定期的に通院し、血清尿酸値を測定しましょう。
医師に定期的に血清尿酸値を調べてもらい、必要な薬の量を調節していただくとともに、高血圧、高脂血症などの合併症のチェックと管理をしてもらいましょう。

血清尿酸値を測定
尿酸を下げる薬は相当長時間のみ続けるのが原則です。
症状がないからといって尿酸を下げる薬をやめたり、勝手に量を加減したりすると血清尿酸値はすぐに高くなります。これでは痛風の発作がおきたり、腎臓の障害が進むのでよくありません。
尿酸を下げる薬は相当長時間のみ続ける
尿のアルカリ化が大切です。
尿が酸性だと尿素は溶けにくく、尿路結石の原因になります。この場合、尿をアルカリ性にする薬が使われますが、日常生活でも野菜、海草、牛乳などのアルカリ性食品と水分を十分にとるように心がけましょう。
尿のアルカリ化が大切
食事制限は、まず総カロリー、次にプリン体
食事制限は、まず総カロリー、次にプリン体
痛風・高尿酸血症の人の食事では、総カロリーの制限が最も大切です。摂取カロリーを抑え、多種類の食品をバランスよく少しずつ食べることを心がけましょう。よく問題にされるプリン体については、多く含む食品を食べ過ぎないように注意すること。ただし、痛風発作のあるときには、プリン体を多く含む食品はなるべく避けてください。
アルコールはカロリーが高く症酸値にも影響を及ぼしますので、できるだけ控えてください。中でも、プリン体を多く含むビールは制限しましょう。
プリン体含有量とカロリー
日常注意する5項目があります。
痛風・高尿酸血症の人が日常生活において血清尿酸値を下げるためのセルフケアとして、食事のほかに次の5項目をあげておきます。これらは血清尿酸値を下げ、さらに、痛風患者さんに多い高血圧、高脂血症などにも効果があるはずです。
1.肥満を解消する
血清尿酸値は体重が急に増えると上がり、体重が減ると下がります。肥満のない人も、食べすぎは要注意。適正カロリーを守りましょう。


2.アルコールを控える-特にビール-
どんな種類のアルコールも血清尿酸値を上げます。中でもビールは多くのプリン体を含んでおり、尿酸値を上げます。アルコール飲料、特にビールはできるだけ制限しましょう。

アルコールを控える-特にビール-
3.水を十分に飲む
尿酸は、腎臓から尿の中に捨てられますから、水分を十分にとって尿の量を多くすれば尿酸もたくさん尿中に出て行きます。お茶、水など十分にとって、尿量を多くしましょう。


4.軽い運動をする
1日20分間の早足歩き、軽いジョギングなどの楽な運動は、有酸素運動で尿酸値を上げません。また、肥満や高血圧にも良い影響があります。ただし、運動不足の人がいきなり能力以上の激しい運動をすると、無酸素運動となって、体内に酸素が不足して血清尿酸値が一時的に上がりますから要注意です。


5.精神的ストレスを発散させる
痛風の人は、積極的、行動的ですが、反面、攻撃的で協調性に欠けるといわれています。精神的ストレスは血清尿酸値を上げるので、ストレスを適宜発散するよう工夫しましょう。
痛風の治療は生涯治療です。
痛風の治療は生涯治療
痛風は痛風発作の時以外は無症状なので、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」患者さんが多く、治療が続かないことがよくあります。痛風は、症状のない間にからだが少しずつおかされるのが特徴ですから、「症状がないから治った」と思うのは病気に対する認識が甘いと言わざるを得ません。痛風の治療は痛風発作の痛みをとるだけではなく、高い血清尿酸値を正常範囲に維持し、最終的には腎臓障害や他の成人病の合併を防止するのが目的です。このことを医師と患者さんが理解しあって初めて痛風の生涯治療が成り立ちます。痛風という病気を十分に理解し、生涯治療に取り組んでください。
痛風の記録欄
痛風の記録欄
提供:グラクソ・スミスクライン株式会社 リーフレット
桜公園クリニック
〒335-0026 埼玉県戸田市新曽南3-12-18
TEL:048-446-3950
Copyright(C)桜公園クリニック. All Rights Reserved.