埼玉県戸田市戸田公園駅近く。産婦人科・婦人科・内科・消化器科・禁煙外来

便秘症


当院では便秘症の原因となる病気を調べ、治療を行っております。
お気軽にご相談ください

便秘で悩んでいるのですが
「便秘」という症状をひとことではっきり説明するのは大変難しいですが、「お通じが4~5日以上なく、お腹の張った感じ(腹部膨満感)や腹痛、残便感などの苦痛や不快感を伴うもの」とされることが多いようです。
つまり、何らかの原因で便が長期間、腸の中に留まってお通じが順調に行なわれず、苦痛・不快感を伴う状態を「便秘」と呼ぶのです。
お通じの回数は個人差が大きく、毎日お通じがある人もいれば2~3日に1回という人もいます。しかし、苦痛や不快感がなく、自分の生活リズムに沿ったお通じがあるならば、「便秘」とは呼ばれません。
便秘の症状
どうして便秘になるのですか?
便秘には、別の病気や腸そのものの異常が原因の「器質的便秘」と、特に病気はないが、腸の動き(機能)が何らかの原因で異常となり、お通じが滞る「機能的便秘」があります。
機能的便秘は最もよくみられる慢性の便秘で、以下の3つのタイプがあります。
1.痙攣(けいれん)性便秘
腸の緊張や運動が高まることによっておこる
(ストレスが発症に関連するといわれており、兎の糞のような小さな塊状の便が特徴)
2.弛緩性便秘
腸の運動が低下することで起こる(高齢者に多い)
3.直腸性便秘
便が直腸に達しても排便反射を起こさない
(高齢者やお通じをがまんする習慣のある人に多い)

機能的便秘の多くは生活習慣や食生活の改善、ストレスの発散、そして便秘薬などをうまく使うことによって改善が可能です。
また、病院で処方される薬剤の中には、副作用として便秘をひきおこしやすいものがあります(精神安定剤、抗コリン剤など)。これは「薬剤性便秘」と呼ばれます。
心当たりがある場合は医師にご相談下さい。
便秘の原因
他の病気で便秘になったのではないかと心配です
便秘や悩む患者さんの多くは、基礎疾患をもたない「機能性便秘」ですが、他の病気が原因の「器質的便秘」もあります。また、これには先天性のものと後天性のものがあります。
先天性の原因としては、排便に必要な腸の運動が生まれつき起こりにくく、自然排便ができないような病気が挙げられます。
後天性の原因の代表は大腸癌です。癌が腸を塞いでしまい、お通じが困難になることなどはその典型的な例といえるでしょう。
また、腸管の癒着や炎症も便秘の原因となりますし、婦人科の病気などで腸が圧迫されて便秘になるケースもあります。さらに女性の場合、ホルモン分泌の関係や妊娠などにより、便秘になりやすい傾向があります。
便秘が他の病気のシグナルになっているケースもあります。なかなか治らない重症の便秘や、便の色が黒ずんでいたり、血や粘液が混じっている、あるいは急に便が細くなるなど、気になることがあれば、迷わず専門医に診てもらうことが大切です。
便秘の原因
便秘は体にどう影響するのですか?
私たちの体は、栄養素を取り去った後の食物(不要物)を便としてスムーズに排泄するメカニズムを備えています。ところが、便秘となってこの不要物が長く体内に留まると、どうなるのでしょうか?
私たちの腸の中には、さまざまな種類の細菌が棲息しています。これらの菌のうちのいくつかが便を腐敗させ、ガスを発生させます。便秘によって出口が塞がれていると、腸内にガスが溜まり、さまざまな症状が現れてきます。
お腹が張る
便秘の症状の中で一番よくみられるものです。お腹が「ぽっこり」出てきたり、強い不快感があらわれたりします。
お腹が痛い
お腹の不快感から、お腹の痛みに変わることもよくあります。
お肌の荒れ
便秘で腸内の細菌が増えることが原因のひとつといわれています。
その他
頭痛、肩こり、吐き気、イライラ感、不眠などの原因のひとつとして、便秘があるといわれています。
便秘の症状
便秘薬には、どんな種類がありますか?
経口便秘薬にはいろいろな種類がありますが、その作用によっていくつかのタイプがあります。医師の診察を受けて便秘の原因をはっきりさせてから、自分の体にあった薬を選び、上手に使いこなしましょう。
1.膨張性薬剤
便に水分を吸収させて、膨張させる作用があります。膨張した便が腸に刺激を与え、お通じを促します。
2.便軟化剤・浸透圧性下剤
硬くなった便を緩める作用があります。便が軟らかくなるので、スムーズなお通じを促します。
3.刺激性下剤
腸に刺激を与えて蠕動運動をひきおこします。腸の運動が活発になることによってお通じが促されます。

便秘薬には経口剤のほか、浣腸剤もあります。浣腸は、直腸の出口に硬い便が詰まった時に効果的で、即効性があります。
便秘薬
便秘はどうやって治せばよいのですか?
器質的便秘の場合は原因となる病気の治療が先決ですが、機能的便秘の場合、便秘治療の基本は、何といっても次の3つです。
1.生活習慣の改善
●最初は難しくても、朝、必ずトイレに行く習慣をつけましょう。
●トイレに行くのをがまんするのは禁物です。
●体力や筋力が低下すると便秘になりやすいと言われています。適度な運動を毎日習慣的に続けることは、体力・筋力の回復に効果的です。
2.食事療法
●規則正しい食生活を心がけましょう。また、朝食はきちんと食べましょう。
●食物繊維を多く含む食品(いも類・豆類、海藻類、茸類など)を積極的に摂りましょう。
3.薬物療法
●自分に合った便秘薬を上手に使い、お通じのリズムを整えていきましょう。ただし、用法・容量を自己判断で変えるのは禁物です。
●便秘薬以外に効果的な薬剤として、「消化管運動機能改善薬*」があります。この薬を使うには医師の処方が必要ですので、専門医にご相談下さい。

*消化管運動機能改善薬:胃腸の運動を促し、体内に入った食物がスムーズに移動できるようにする薬で「クエン酸モサプリド」をはじめいくつかの種類があります。
これから何に気をつけていけばよいのですか?
器質的便秘の場合は原因となる病気の治療が先決ですが、機能的便秘の場合は、規則正しい生活習慣と食生活の維持が、便秘改善に効果的です。
●規則正しい食生活とお通じの習慣を心がけましょう。
●睡眠不足など、自律神経の乱れをひきおこす生活習慣を改善しましょう。
●植物繊維を多く含む食品(いも類、豆類や海藻など)を積極的に摂りましょう。
●リラックスした生活を心がけ、ストレスを発散させましょう。
●十分な水分を摂りましょう。
●便意を感じたら、早めにトイレに行きましょう。がまんは禁物です。特に、トイレに行きづらい職業の方(販売員、接客業など)は要注意です。
●適度な運動を続け、体の調子を整えましょう。

提供:大日本住友製薬リーフレット
桜公園クリニック
〒335-0026 埼玉県戸田市新曽南3-12-18
TEL:048-446-3950
Copyright(C)桜公園クリニック. All Rights Reserved.