埼玉県戸田市戸田公園駅近く。産婦人科・婦人科・内科・消化器科・禁煙外来

大腸がんの検査から治療まで

今増えている大腸がん
近年、我が国において、大腸がんの発生頻度はますます増えてきており、大腸がんにかかる数(罹患数)の予測を見ても罹患率の増加は明らかです。また、女性に関しては大腸がんが死亡率の第1位となっています。
その一方で、大腸がんに対する新しい内視鏡的手技、外科的手技、化学療法、放射線治療等の導入により、大腸がん死亡率の改善が図られています。
大腸がん
がん罹患率
大腸とはどんな臓器?
大腸について
大腸は全長1.5m程度の管腔臓器で、消化機能としては、一部の栄養素の吸収と水分の吸収が行われる部位です。また、吸収されずに残ったものが便を形成し、排泄されるまでの間、貯留される部位でもあります。何らかの原因によって水分の吸収がうまく機能しないと、水分の多い便が排泄される状態になりますが、これを下痢と呼んでいます。
また、大腸内での発酵によって生じたガスは、食物摂取の時に飲み込まれた空気に由来するガスと混じって、おならとして排出されます。
大腸の検査はどんなものがあるの?
*便潜血反応検査
便に付着している微量の血液を見つけるための検査です。便潜血反応検査は大腸がん検診のためによく行われていますが、大腸がん以外でも出血を伴う大腸線種、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患では陽性になります。簡便な検査なので最初に施行する施設が多いようです。ただし、病気であっても出血を伴わないこともあり、症状があれば次のステップの検査をお勧めします。
便潜血反応検査


*
注腸検査

レントゲン撮影をしながら構造の陰影を見て病変を見つける検査です。まず肛門から数cm管を入れて、そこからバリウムを流します。体位を変えることで、バリウムを盲腸まで流し込み、その後空気を入れて腸管を膨らませ、レントゲン撮影します。大腸の炎症なども診断可能です。
注腸検査
 


*
大腸内視鏡検査

小さなカメラを内臓した直径15mm程度の内視鏡を使い、他の検査方法では困難な大腸の色調の変化などを直接詳しく観察できます。
大腸内視鏡検査 【内視鏡の先端部】
粘膜面の変化が鮮明に見えるので、小さなポリープも描出可能です。
ポリープやがんだけでなく、大腸の炎症なども診断できます。施設によっては検査の際にポリープを切除することもあります。
大腸内視鏡検査
【内視鏡により大腸の観察画像】
大腸内視鏡検査の流れ
大腸内視鏡検査の流れ



大腸内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡治療法はどんなものがあるの?
ポリープの大きさや根の深さによって、治療方法が異なります。がんといっても早期大腸がんの多くは、外科手術をしなくても、内視鏡の治療で完治できます。
大腸内視鏡治療法

拡大内視鏡とは?
最近では内視鏡先端部に拡大観察できるレンズを内臓することで、通常観察から、拡大観察までを行うことができる内視鏡ができました。
通常の内視鏡とほぼ同等の性能に加えて、拡大像が瞬時に得られるようになりました。これによって表面構造の診断学が特に大腸疾患において広く発達、普及するようになっています。
拡大内視鏡

Pit pattern(ピットパターン)診断
大腸粘膜の表面の見えるこぼみの違いから、正常な粘膜かあるいは今後がんになるような異常な粘膜かを観察し、診断に応用するのがpit pattern診断です。これらは拡大内視鏡を用いることで診断が可能です。
ピットパターン診断


Pit pattern(ピットパターン)はどんなものに有用なの?

腫瘍、非腫瘍を鑑別し、組織を採らないうちに大体の組織診断予想ができます。
がんであるかどうかもおおよそ判断できます。拡大内視鏡でpit pattern診断が可能になり、急いでとるべきポリープか、あるいは、沢山のポリープがあった場合は、それらをとったほうが良いか、まだとらなくて良いかを決めることができるようになりました。施設によって異なりますが、その場で内視鏡治療を行うこともあります。
ピットパターン診断
大腸検査はこわくない
検診などで便潜血反応が陽性であったり、おなかの症状・・・例えば便秘や下痢、腹痛があったりでお悩みの方は、お気軽に消化器の外来に相談してください。大腸の内視鏡は飛躍的に進歩しています。早期に見つけて早期に治療をしましょう。
大腸検査

提供:オリンパスメディカルシステムズ株式会社リーフレット
桜公園クリニック
〒335-0026 埼玉県戸田市新曽南3-12-18
TEL:048-446-3950
Copyright(C)桜公園クリニック. All Rights Reserved.